canon logo _recovery
儀式和節日 ~管樂合奏~(小編制)儀式と祭礼~管楽アンサンブルの為に~
系列:ORG系列
作曲:清水大輔
演奏級數:4級
演奏時間:9:12
出版公司:Rocket Music
商品編號:ORG36

NT$4230

商品貨號 ORG36 商品分類 , , 商品標籤

商品詳情

影片

樂曲解說
本曲於2013年受武藏野學園音樂大學法國號會委託,2014年1月完成。於3月首演。之後,我收到了Rocket Music的委託,開始按照我一開始就計劃的管樂版本來寫,並修改了它。
描繪了一個虛構人物生活中的一天,每個場景都有一個副標題。
這首歌以〈alfajiri(黎明)〉開頭。雄偉的合奏彷彿在讚美初升的太陽。之後,節奏加快了一些,畫面變成了早上熱鬧的景象,村民們做著各種各樣的事情。
然後,在〈jua(太陽)〉中,一首讚美詩高聲唱起,華麗的合奏彷彿對早晨的到來表示感謝,而後轉變為莊嚴的〈tamahsa(儀式)〉。演奏者自由面向不同方向演奏,營造出儀式感場景。
之後,它變成了強烈的旋律並表達了〈mvutano(張力)〉,描繪了崇高的村民、狩獵人物等。
這首歌以〈jua kuweka(日落)〉結束,這是一首在黎明時分唱的讚美詩,以表達對當天和平與收穫的感激之情。
請所有表演者在想像這些場景的同時,嘗試表達出「人民生活中的一天」。(清水大輔)

この作品は2013年、武蔵野音楽大学ホルン会の委嘱により書き始め、翌年14年の1月に完成。3月に初演されました。その後ロケットミュージックより依頼を頂き、当初より計画していた吹奏楽版として書き始め、改定を施しました。

架空の民族の1日を描いたこの曲、各場面には副題が付いています。
まず『alfajiri(夜明け)』で曲は始まります。荘厳なコラールが日の出を讃えるかのように歌われます。その後テンポが少し速くなると村の人達が様々な作業している、朝の活気のある場面へと変わります。
そして『jua(太陽)』では高らかに讃歌が歌われ、朝の訪れに感謝をするかのような煌びやかなコラールから厳粛な『tamahsa(儀式)』を行う場面へと変わります。奏者は自由に動き回ったり、様々な方角を向き、演奏をして儀式の場面を演出します。
その後、激しい曲調となり『mvutano(テンション)』を表現します。高揚した村人、狩りをする姿等を描写しています。
最後は『jua kuweka(日没)』となり、1日の平和と収穫に感謝するように夜明けに歌われたコラールが再現し、曲は最高潮に盛り上がり幕を閉じます。

演奏してくださる皆様、これらの風景を想像しながら『ある民族の1日』を演出、表現してみてください。(清水大輔)

編制
木管樂器
銅管樂器
打擊樂器
*Piccolo (Opt.)
Flute 1&2
*Oboe (Opt.)
*Bassoon (Opt.)
*Eb Clarinet (Opt.)
Bb Clarinet 1 (2)
Bb Clarinet 2 (2)
*Bb Clarinet 3 (Opt.) (2)
Bb Bass Clarinet
*Bb Soprano Saxophone (Opt.)
Eb Alto Saxophone
Bb Tenor Saxophone
Eb Baritone Saxophone
Bb Trumpet 1 (2)
Bb Trumpet 2 (2)
F Horns 1&2
Trombone 1
Trombone 2
*Bass Trombone (Opt.)
Euphonium
Tuba
*String Bass(Opt.)
Piano
Percussion 1
・Sizzle Cymbal
・Djembe
・Wind Chimes
Percussion 2
・Wind Chimes
・Vibraphone
・Bass Drum
・Cajon
Percussion 3
・Marimba
・Tam-tam