canon logo _recovery
卡西尼號任務カッシーニ・ミッション
系列:Brass金管八重奏
作曲:三澤 慶(Kei Misawa)
演奏級數:4級
演奏時間:4:45
出版公司:Brain Music
商品編號:ENMS-84518

NT$1889

商品貨號 ENMS-84518 商品分類 ,

商品詳情

影片

樂曲解說
2017 年由東海大學高輪台高中委託創作的銅管八重奏。

卡西尼號是 1997 年發射的土星探測器。它花了7年才到達土星軌道,又花了13年探索土星及其衛星,給人類帶來了許多發現,但它去年結束了任務,最終進入了土星大氣層,燃盡了,結束了它的角色。這部作品將卡西尼號漫長旅程中發生的事件總結並表達為五分鐘的時間段。

總共對金星、地球、木星進行了四次“繞越”,利用其他衛星的引力加速並修正軌道,歷時七年抵達土星軌道後,進入厚重軌道。泰坦衛星的大氣層中,一艘小型航天器降落在土衛二航天器的覆蓋表面上,穿過地下噴出的蒸汽,探測到暗示存在生命可能性的物質。它還穿過土星體和土星環之間,從內部拍攝土星環並將其結構的詳細數據發送回地球。最後,他們完成了一項名為「大結局」的任務。在土星的大氣層中燒壞。

以上場景主要是用節奏和樂句來表現的。這是一首能夠凸顯銅管樂器特有的絢麗音色的作品。

作曲家簡介:三澤圭

11歲開始吹小號。 15歲起,師從NHK交響樂團前首席演奏家津健尚宏學習小號。畢業於東京音樂大學(器樂系),並獲得兩次獎學金。上學期間師從有馬玲子學作曲。畢業後,他作為自由演奏家,主要在東京的管弦樂團(包括NHK交響樂團)以及室內樂、管樂團和錄音室錄音等領域工作。此外,作為作曲家,他還發表了大量管弦樂、管樂合奏和室內樂的作品和改編作品。為2006年銅管樂隊比賽創作了作品「To the Sea…For the Brass Band」。 2010年,榮獲錫耶納管樂團作曲比賽冠軍。獲獎歌曲《鳳凰進行曲》由同一公司在佐渡豐的指導下首演,CD和DVD同時發行。 2012年,獲得朝日作曲獎。獲獎歌曲《勇敢的瑪祖卡》被選為2013年銅管樂隊比賽的主題曲。

近年來除了管樂團作品外,他出版了許多管弦樂團和合唱團的作品。 2015年至2016年,他與東京混響合唱團和東京室內樂團合作首演了為管弦樂團和合唱團創作的組曲《日本季節組曲》中的《春天》和《夏天》。 2017年,他與東京室內​​樂團合作首演了為弦樂團而作的《三首搖籃曲》。此後,他繼續積極推出管弦樂和管樂器的新作品。他也正在擴大自己的活動領域,包括藝術家音樂會和管弦樂編曲 CD。

作為指揮家,他曾指揮過閃電愛樂管弦樂團、吉利奧劇院昭和管弦樂團、東京室內樂團等。

目前是東京室內樂團的小號演奏家、教育計畫顧問、作曲家。

東海大学付属高輪台高等学校の委嘱により2017年に作曲した金管8重奏曲。

 カッシーニとは1997年に打ち上げられた土星探査機。7年の歳月をかけて土星軌道に到達し、更に13年にわたり土星とその衛星を探査し、数々の発見を人類にもたらしたが、昨年その役割を終え、最後は土星の大気圏に突入して燃え尽き、その役目を終えた。本作はカッシーニの長い旅路の途中の出来事を5分間の中に集約し表現した作品である。

 他の衛星の引力を使用し、加速と軌道修正を行う「スイングバイ」を金星、地球、木星で計4度行い、7年かけて土星軌道に到達してからは、衛生タイタンの分厚い大気に覆われた地表に小型探査機を着陸させ、衛生エンケラドゥスでは地下から噴出する蒸気の中を通過し、生命の可能性を示唆する物質を検出した。また、土星本体とリングの間を通過し、リングを内側から撮影し、その構造の詳細なデータを地球に送った。最後には「グランドフィナーレ」と呼ばれるミッションを遂行。土星の大気の中には燃え尽きた。

 主に上記の場面をリズム、フレーズで表現した。その中で金管特有の輝かしい響きをアピール出来る作品である。

作曲家プロフィール:三澤 慶 Kei Misawa

 11歳よりトランペットを始める。15歳よりトランペットを元NHK交響楽団首席奏者、津堅直弘氏に師事。東京音楽大学(器楽科)を2度の特待生奨学金を得て卒業。在学中作曲を有馬礼子氏に師事。卒業後フリー奏者として、NHK交響楽団を始めとする東京のオーケストラを中心に、室内楽、吹奏楽、スタジオレコーディングなどで活動。また、作曲家としてオーケストラ、吹奏楽、室内楽など多数の作編曲を発表。2006年度吹奏楽コンクール課題曲、「海へ…吹奏楽の為に」を作曲。2010年、シエナ・ウインド・オーケストラ作曲コンクール優勝。優勝曲「フェニックス・マーチ」を佐渡裕指揮、同団にて初演と同時にCD・DVDをリリース。2012年、朝日作曲賞受賞。受賞曲「勇者のマズルカ」が2013年度吹奏楽コンクール課題曲に採用される。

 近年は吹奏楽作品の他、オーケストラや合唱のための作品を多数発表。2015~16年にかけて、オーケストラと合唱の為の組曲「日本の四季組曲」より「春」、「夏」を東京混声合唱団、東京室内管弦楽団により初演。2017年、弦楽オーケストラのための「3つの子守唄」を自身の指揮で東京室内管弦楽団により初演。以降もオーケストラ・吹奏楽の新作を精力的に発表している。また、アーティストのコンサート、CDのためのオーケストラアレンジなど、活動のフィールドを広げている。

 指揮者としても、これまでにブリッツ・フィルハーモニック・ウィンズ、テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ、東京室内管弦楽団などを指揮。

 現在、東京室内管弦楽団トランペット奏者、教育プログラム・アドバイザー及び作曲家。

編制
木管樂器
銅管樂器
打擊樂器
1st Trumpet in Bb
2nd Trumpet in Bb
Flugelhorn
Horn in F
1st Trombone
2nd Trombone
Euphnium
Tuba