canon logo _recovery
Fumoreske 為木管三重奏而作木管三重奏のためのフモレスケ
系列:木管三重奏
作曲:田村修平(Shuhei Tamura)
演奏級數:4級
演奏時間:4:30
出版公司:Brain Music
商品編號:ENMS-84540

NT$1450

商品貨號 ENMS-84540 商品分類 ,

商品詳情

影片

樂曲解說
該作品由北阿爾卑斯管樂團(富山縣)於2019年委託創作。同一組織的三名成員(Fl./Picc. 松瀨裕子、Ob. 淺岡勝典、Cl. 濱富士)在第54 屆富山縣重奏比賽中首演並獲得金獎(代表),並在第43屆北陸重奏比賽中首演。是在一次合奏比賽中表演的。
歌名《Humoreske》源自德文單字“Humor”,意思是幽默。幽默這個詞比人們可能想像的“喜劇”或“笑話”具有更強烈的“情緒”和“異想天開”的含義,而且作品具有反复無常的品質。 隨著開場引子的展開,各聲部自由展開,但自始至終都遵循一個一致的主題,營造出古典作品中的結構統一感,同時也創造出豐富多樣的音樂風格。充分利用他們廣泛的音樂表達和詮釋。此外,透過利用每種樂器的音色並進行三維構建,帶來了很高的演奏效果。另外,獨特的樂器所帶來的清新的聲音和輕盈的感覺也是一大特色,我覺得這是一部即使花很長時間也能徹底享受的作品。
我們希望您不僅可以隨意使用它來進行比賽表演,還可以用於您的音樂會曲目。

2019年、北アルプス吹奏楽団(富山県)より委嘱を受けて書き下ろしました。同団体の3名(Fl./Picc.松瀬博子、Ob.浅岡克則、Cl.浜藤砂和)により第54回富山県アンサンブルコンテストにて初演、金賞(代表)を受賞し、第43回北陸アンサンブルコンテストにて演奏されました。
 曲題のフモレスケ(Humoreske)は、ユーモアを意味するドイツ語“Humor”が語源となっています。ユーモアという言葉から想像される「滑稽」や「冗談」というニュアンスよりも「気分的」や「気まぐれ」といった意味合いが強く、奇想曲的な性質を持った作品となっています。
 冒頭の序奏に続いて各部自由に展開していきますが、それらは終始一貫したモチーフに基づいており、古典的な作品にみられるような構造の一体感を演出しつつ、バリエーション豊かな楽想によって奏者の演奏表現や解釈の幅広さを活かすことができる作品となっています。また、各楽器の音色を生かしつつ立体的に構築することで、高い演奏効果をもたらしています。さらに、独特な楽器編成から生まれる新鮮な響きや軽妙感も大きな特徴で、長い時間をかけて取り組んでいただいても充分楽しめる作品になっていると感じています。
 コンテストでの演奏はもちろん、コンサートレパートリーとしても気軽に用いていただけると幸いです。

編制
木管樂器
銅管樂器
打擊樂器
Flute (doub.Piccolo)
Oboe
Clarinet in B♭